コミュニケーション能力が低い!?

今回はコミュニケーション能力について興味が湧いてきましたので、話していきます!

「コミュニケーション能力に自信ありますか?」
あります!と自信を持って答える事ができる人少ないでしょう。
人と話すのが苦手。何を話したらいいかわからない。

一度そうなってしまうと中々改善していく事が難しいです。
しかし、人は人と繋がる事で視野が広がり、夢が広がり、前向きになれます。
家の中でただひたすら一人で籠っていては将来何にもなりません。
1つ1つ事実を知り、行動を起こしていきましょう!

1.そもそも人の話をしっかり聞いていない

コミュニケーションと聞くとついこちらから何か話さなければならないと思いがちですが、実は相手の話を全く聞いていない事がほとんどです。

コミュニケーションとは会話のキャッチボールです。
相手が投げたボールはしっかりと返してあげないとダメですし、こちらから一方的に投げまくっても相手は困ります。

話し上手は聞き上手という言葉もあるほどです。会話が上手い人は自分が話すよりも、相手に話をさせる事の方が上手いのです。

ポイントは相手の話を最後まで聴く事、相手の話を遮らない事ですね。ついつい話を聞いていると、自分の中でも話したくなる事が出てくるかと思います。それはみんな共通してある事です。誰もが自分の話を聞いて欲しいと思っています。

急がず焦らず、相手の話をしっかり最後まで聴いてからこちらから何かアクションを起こしてあげましょう。


2.話の結論がない

ついついダラダラ話をしてしまう時があると思います。こちらは話を分かって欲しくて、必死に状況を伝えようとするのはわかります。無意識でそうなってしまうのもわかります。
しかし、話が長く、着地地点が見えないとどうしても相手は途中からどこに向かって話しているのかわからなくなり、興味がなくなってしまいます。

ドラマや小説は最後に結果がわかるようになっていますが、コミュニケーションを取るときは最初に結論を話して、理由等を後から話していきましょう。


「最初に結論を話したけど、そこで話を被せられて相手の話になってしまった」
良いじゃないですか。相手が話をしているのですから、すかさず聴く方に立ち回りましょう。
こちらよりも相手の方がコミュニケーション能力が低かった結果です。
そして、結論を話した事で話題が生まれました。何を話したら良いかわからない状況から話が生まれたのです。最高じゃないですか。聞き上手になれるようにどんどん立ち回っていきましょう。


3.会話の一言目が否定系。

せっかく相手が気分良く話しているのに、否定したりネガティブな返しをしてはいけません。そこで相手は次に話すのをやめてしまいます。

どんなに間違っている内容でも、考え方でも、自分の方が知っていても、否定から入るのはやめておきましょう。一旦相手の話を受け入れます。同調してあげる事でもっと話を引き出すことが出来、本当の言い分や意味がわかるかもしれません。その可能性をたった一言の否定で無くしてしまってはもったいないです。

間違って欲しくないのは「否定するな」という意味ではありません。
まずが受け入れてあげて、自分の考えを伝える意味合いも込めて、優しく否定してあげましょう。

そうするとスムーズに会話することが出来、さらには相手はこちらを信頼できる良いきっかけになるかもしれません。


4.話を無駄に広げようとしない。

次何話そうかと考えるあまり、今の話題を聴いていない時があります。
本末転倒になってしまいます。次の話の事ではなくて、「今」の話をしっかり聴くからこそ次のアクションが出来るのです。

おすすめは5W1Hです!聴いている内容から常に次の質問はいつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにを意識して、話題を展開させていきましょう。大体の人の話にはどこかが抜けています。ゲーム感覚で話題の穴を埋めるように質問してみましょう!話題がどんどん展開していきます。

5.まとめ

どうでしょうか?
意外と簡単な事、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
実は簡単なことがほとんどの人が出来ないでいます!コミュ力がないと落ち込むことはないです!少しずつ挑戦していきましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です